ロココ調・クラシック調 イタリア家具の鍵について

ラシックスタイルのイタリア家具には鍵のついているものも沢山あります。

 

f:id:chocofan:20170322221849j:plain

 

一見、かっこ良さそうに見えますが、注意する点もあります。

 

① 鍵の精度があまり良くない場合があります。

扉や引き出しの押し込み具合によって鍵が上手くかかったり、かからなかったりする場合です。無理をせず優しく扱いましょう。

見た目はいいですが、単純なおもちゃみたいな鍵が多いです。

 

② 取り付け状態が良くない場合があります。

鍵のラッチと鍵受けの穴の位置がずれていたり、鍵受けの穴が受枠に簡単に穴を開けただけの状態の物があります。

 

こういう場合は、繰り返し使っているとガタガタになります。

 

f:id:chocofan:20170322221824j:plain

 

③ 鍵が取っ手兼用になっている場合があります。

鍵が無いと扉が開けられなくなるので、鍵をしまう場所に気を付けなければいけません。

当然、無くすことは禁物です。

 

f:id:chocofan:20170322221836j:plain

 

以上のことから、イタリア家具の鍵についてはあまり信頼せず、

幼児が手を触れないためとか、たまにしか扉を開けないコレクションボードの場合などはいいですが、頻繁に開け閉めをする場合は慎重な検討が必要だと思います。

 

 

イタリア家具|ロココ調クラシック調プリンセススタイル輸入家具